よくある質問を更新しました(LED電球のルーメンとは何ですか?)

日頃より、当ホームページをご利用いただき誠にありがとうございます。

よくある質問ページに、「LED電球のルーメンとは何ですか?」を更新いたしました。

ルーメンとは、すべての方向に放射される「光の明るさの量」を表す単位で、数値が大きいほど明るくなります。業界団体の日本照明工業会(JLMA)により、LEDランプの製品にはルーメン(lm)の表示をするというルールが設定され、LED電球の明るさの指標は、従来の「◯W相当」から「ルーメン(lm)」の表記へ統一されました。
LED電球へ取り替える場合は、ワット数ではなくルーメン値を参考にするとよいでしょう。

LED電球明るさの目安

一般電球タイプ(E26口金)

電球
タイプ
20形
相当
30形
相当
40形
相当
50形
相当
60形
相当
80形
相当
100形
相当
150形
相当
200形
相当
ルーメン
(lm)
170~325~485~640~810~1160~1520~2400~3330~

小形電球タイプ(E17口金)

電球
タイプ
25形
相当
40形
相当
50形
相当
60形
相当
75形
相当
100形
相当
ルーメン
(lm)
230~440~600~760~1000~1430~

日本照明工業会「電球形LEDランプ性能表示等のガイドライン」より

商品カテゴリー

一般電球形LED

シャンデリア電球形LED

ミニクリプトン電球形LED